はこだて国際科学祭2024EVENT

はこだてブレインサイエンストーク5 〜「頭がいい」とはどういうことか〜

要申込 本イベント

2024年4月10日に発売され、Amazonベストセラーとなった『「頭がいい」とはどういうことか-脳科学から考える』の著者で、函館出身の脳科学者・毛内拡先生が、地元の中高生と一緒に、AI時代に求められる本当の頭の良さについて考えます。
午後のプログラム『経営と脳科学の研究部会@函館』は、本プログラムの続編となります。お時間のある方はぜひ両方ご参加ください。(もちろん、どちらか一方のご参加もOKです。)

会場:函館コミュニティプラザGスクエアイベントスペースB
(函館市本町24-1シエスタハコダテ4F)
*オンライン参加も可能です。お申込みいただいたメールアドレスに詳細をご連絡いたします。

イベント情報

開催日時
8月25日(日) 10:00~12:00
対象
どなたでも
参加費
無料
定員
30名程度
申込方法
こちらのGoogleフォームよりお申込みください。
出演者
毛内 拡(お茶の水女子大学 助教)
1984年函館生まれ。道教育大附属小中、ラサール高校を卒業後、東京薬科大学、東京工業大学、理化学研究所などを経て、現在、お茶の水女子大学生物学科で教鞭をとる。第37回講談社科学出版賞受賞。
主な著書に、第37回講談社科学出版賞受賞作『脳を司る「脳」』(講談社、2020年)『面白くて眠れなくなる脳科学』(PHP研究所、2022年)、『「頭がいい」とはどういうことか-脳科学から考える』(筑摩書房、2024年)
主催
お茶の水女子大学 生体組織機能学研究室/経営と脳科学の研究部会@早稲田MBA
(協力)筑摩書房
ページトップへ
Translated by Google