はこだて国際科学祭2020EVENT

【終了しました】健康xICTイベント「高校生クリエータと考えよう!函館におけるプログラミングの未来」

開催終了 本イベント ZOOM

函館市在住の高校2年生,加藤周さんは,今年4月にスマートフォンの全地球測位システム(GPS)機能と連動させた行動履歴自動記録アプリ「足あとトラッカー」を開発しました.

新型コロナウイルスの感染経路の特定や,濃厚接触者の捕捉などに活用できる可能性から,複数のメディアで取り上げられ話題を呼びました.

加藤さんは,小学4年生の頃からプログラミングを始め,2017年度の「未踏ジュニアスーパークリエータ」にも認定されている新進気鋭の「異能」の持ち主です.

そこで今回は,科学祭で加藤さんを囲んでプログラミングのおもしろさについて語り合うトークイベントを企画しました.中高生や一般の方の中でも,既に多くの方がプログラミングに興味を持ち始めている中で,自分なりのプログラミングとの付き合い方についてゆるく情報交換できる場になればと思っています.

気になること,聞いてみたいことなど大歓迎!
君もスーパークリエータになれるかも!!

※本プログラムは,地域の異能を支援する総務省「異能vationネットワーク拠点」の活動の一環として開催します.
※主に高校生向けの内容ですが,興味をお持ちの方であればどなたでもご参加いただけます.

イベント情報

開催日時
2020年 8月30日(日)10:00~12:00
対象
高校生以上(ガッツのある中学生を含む)
参加費
無料
定員
30名
申込方法
Passmarketにて申込受付します(8月1日より,先着順).
出演者
加藤周さん(N高等学校2年,函館市在住)
 高校生プログラマー.
 今までにU-22プロコンで経産省局長賞や未踏未踏ジュニア スーパークリエータに認定されている.
 iPhoneアプリをメインに,Webアプリ,サイトを開発中.
 趣味はスケボ,スノボ.

松原克弥さん(公立はこだて未来大学システム情報科学部 准教授)
 システムソフトウェアと呼ばれる低レイヤのソフトウェアを研究しています.
 代表的なシステムソフトウェアは,オペレーティングシステムです.
 インターネットワーキング,スマートフォンや液晶テレビなどの情報家電,
 クラウドコンピューティングなどの新しいITインフラの登場には,
 オペレーティングシステムなどのシステムソフトウェアにおけるイノベーションが
 必ず伴っています.
 現在,組み込みシステム向けのシステムソフトウェアと仮想化技術に興味があり,
 LinuxおよびBitVisorというオープンソースをベースとした研究開発を行っています.
主催
サイエンス・サポート函館
関連ウェブサイト

4/27掲載 教育新聞にN高生が紹介|N高等学校

新型コロナ感染経路確認へ行動履歴把握 高校生・加藤さんがアプリ製作|函館地域ニュース

N高等学校2年の男子生徒が開発したコロナ対策アプリ
行動履歴を記録して感染経路突き止められるか|uhb

感染後の足跡追います 男子高校生が行動履歴自動記録アプリ開発|毎日新聞

函館の高校2年生がコロナ感染経路の確認用アプリ開発、絶賛の声|MAG2NEWS

自分の行動歴、スマホに記録 函館の高2・加藤さん開発 
「感染経路不明者減らしたい」|どうしん電子版

日本の16歳が開発したアプリに注目=中国ネット「本当に優秀」「恥ずかしい」|Record China

コンピューター通の日本のティーンがパンデミック対策アプリを開発|ARAB NEWS

ページトップへ
ページトップへ
Translated by Google